中部電力

MINLYの安全・安心のために

国などにおいて検討が
進められてい「情報銀行
しくみを活用し提供。

近年、国などにおいて、パーソナルデータを個人の同意の下で管理・活用する「情報銀行(情報信託機能)」の検討が進んでいます。 MINLYは、一般社団法人日本IT団体連盟が策定した、国際水準のプライバシー保護対策や情報セキュリティ対策等に関する認定基準に適合していることを認定する「情報銀行」認定のP認定を取得しているサービスです。また、中部電力(株)事業創造本部では、JISQ27001に準拠した「情報セキュリティマネジメント」およびJISQ15001に準拠した「個人情報保護マネジメント」に関して、第三者機関より認証を取得しております。

  • 日本IT団体連盟 情報銀行認定マーク P認定 1901AD01110(P)
  • IS 716720/ISO 27001
  • JIS Q 15001 個人情報保護マネジメントシステム PIMS 716721
【 日本IT団体連盟P認定について 】 
(P)は、日本IT団体連盟の審査により、安心・安全な「情報銀行」サービスを開始することが可能であると認定されたことを示す記号です。P認定取得事業者は、サービス開始後に、運営を通じて更なる改善をはかり、より安心・安全 な「情報銀行」サービスを運営している認定取得を目指します。
日本IT団体連盟
情報銀行推進委員会ホームページ「認定事業者一覧」

二要素認証で、
第三者による
不正アクセスをブロックします。

アプリにログインする際は、ユーザーID(メールアドレス)とパスワードによる認証に加え、登録電話番号のSMS(ショートメッセージサービス)を使った認証用コードによる二要素認証システムを取り入れています。認証用コードによる認証は、「このデバイスを30日間記憶する」にチェックを入れることで、30日間は行わずにログインすることもできます。ただし異なる端末からのアクセス時には、30日以内であっても認証用コードによる認証が必要となります。このように本人認証を複数要素によって行うことで、いつでも安全・安心にご利用いただけるサービスを提供しています。

  • 初回ログイン時

    初回ログイン時のアプリログインまでの流れを説明する図。ステップ1 アプリログイン画面にてユーザーIDとパスワードを入力。ステップ2 アプリ本人認証画面にてスマートフォンの電話番号入力。ステップ3
												SMS画面にて認証用コード受信。ステップ4 アプリ本人認証画面にて認証用コード入力。ステップ5 アプリ本人認証画面にてリカバリー用コード表示。以上のステップが完了するとログインします。 初回ログイン時のアプリログインまでの流れを説明する図。ステップ1 アプリログイン画面にてユーザーIDとパスワードを入力。ステップ2 アプリ本人認証画面にてスマートフォンの電話番号入力。ステップ3
												SMS画面にて認証用コード受信。ステップ4 アプリ本人認証画面にて認証用コード入力。ステップ5 アプリ本人認証画面にてリカバリー用コード表示。以上のステップが完了するとログインします。
  • 2回目以降ログイン時

    2回目以降ログイン時のアプリログインまでの流れを説明する図。ステップ1 アプリログイン画面にてユーザーIDとパスワードを入力。ステップ2 アプリ本人認証画面にて認証用コードの送信。ステップ3
												SMS画面にて認証用コード受信。ステップ4 アプリ本人認証画面にて認証用コード入力。以上のステップが完了するとログインします。
												2回目以降ログイン時は、[このデバイスを30日間記憶する]にチェックを入れることでステップ2からステップ4を省くこともできます。 2回目以降ログイン時のアプリログインまでの流れを説明する図。ステップ1 アプリログイン画面にてユーザーIDとパスワードを入力。ステップ2 アプリ本人認証画面にて認証用コードの送信。ステップ3
												SMS画面にて認証用コード受信。ステップ4 アプリ本人認証画面にて認証用コード入力。以上のステップが完了するとログインします。
												2回目以降ログイン時は、[このデバイスを30日間記憶する]にチェックを入れることでステップ2からステップ4を省くこともできます。